特定健診・保健指導・健康管理

ホーム 健康管理システム

健康管理システム

平成20年に特定健診・保健指導が義務化とされてから、早9年の歳月が過ぎようとしています。
現在、厚生労働省からも「第3期見直しに係るシステム改修に必要な要件等」の動きも有弊社としましても、内容を精査した最新の情報を確認しながら対応を進めております。
現在ご利用のシステムの入れ替えをお考えの都道府県・市区町村様へのご案内から、健康保険組合様まで現在ご利用いただいているシステムのデータ移行から、運用についてのフォローまで一括して対応いたします。
まずは、お気軽にご相談ください。 平成29年11月現在

ご案内

健康アシスト21は、職域保健・地域保健・組合保険者様で
多数ご利用いただいています。

現在ご利用いただいている「地域保健部門」「健保組合従業員管理部門」ご利用イメージです。

項目が多く、登録が面倒で複雑な、健康診断データの手間をできるだけ省き、単純化するためのシステムです。特定健診・保健指導の標準化に全て準拠し、業務効率アップの効果を現すことができます。 データ交換様式は、標準様式のXML仕様と、汎用的なCSV仕様のどちらにも対応しています。

先頭へ戻る